美人+α

「キレイ」「美しい」って素敵な言葉。女性なら一度は言われてみたいですよね。顔の作りはすぐには変えられなくても、化粧品を使うことによって、美しくなることが出来るので、化粧品って本当に素晴らしいと思います。
年齢を重ねることによって出来た顔のシミ・シワだけでなくても、例えば事故にあって顔に障害残る傷を持ってしまった人でも、今ではカバー力のある化粧品も多く出ていますし、美容液や薬用のクリームなどである程度薄くすることも可能な場合もあります。昔なら顔に傷を負った女性は、恥ずかしいので、外を歩くことを避け、家の中だけで過ごしたり、下ばかりを向いて人目を避けるように歩かなければいけなかったりと、辛いものでした。その気持ちを思うと、この時代に生まれた私たちは、美容の観点から見て、今、本当に恵まれた環境にあります。
気持ちと身体は表裏一体ですので、お肌一つとってもその状態は心に映りますし、またその逆で、ココロもお肌に反映されるもの。そう考えると、そのどちらも健やかでいなければいけないと言えます。化粧品は「化ける」と表現するとちょっとマイナスのイメージになってしまいますが、是非、化粧品でプラスに「化け」てみませんか?